スポンサーサイト

  • 2016.08.14 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    Make: Tokyo Meeting 03に行ってきました(長文)

    • 2009.05.24 Sunday
    • 23:59

    うかれすぎて前日眠れませんでした。遠足前の小学生か。。

    今日はMake: Tokyo Meeting 03を見に、デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオに行ってきました。
    今インフルで話題沸騰中の多摩センターということもあり、出展予定だった知り合いの会社が急遽出展をキャンセルするなど、ハラハラする部分もあったのですが無事開催。よかった。

    どんな感じのイベントか一言で説明すると、「面白ものづくり大好きな大人の文化祭」でしょうか?
    なにやらクレイジーな工学の人やら、工学に関係のない面白手芸などジャンルを問わず幅広いものづくりの人が出展しているイベントで、今回が3回目の開催となります。


    入口前で手作り戦車が走行していた前回に比べると、今回はごくごく普通の学校っぽいなぁ、と思いいながら最初に本館2Fへ。

    ん?

    校庭に何か怪しいものが。



    降りしきる雨の中、うっすらと不穏な空気を感じさせるこれは、、プロパンガスと消火器?



    ・・・。


    気になりつつも、手前の教室に入るとそこは楽しい手芸ワールド。

    工学系男子が多い中、ここは女子率が高い。
    入ってすぐのところにはニットでできた大きな地球。

    うぉ!!目が開いた!!

    ハイパーニットクリエイター、力石咲さんのManGlobeという作品。
    一緒に行ったものづくり仲間Nさんが「誰でもピカソで見た!!」と大興奮。



    隣は手書きのイラストの書かれた面白いキーボード。
    ん?なんかこの犬っぽい、ヤギっぽい絵どこかで見たような。。。

    あぁぁぁ!!!イタチョコシステム!!!!

    私が高校時代にゲーム批評という雑誌で見て、ものすごく気になってたPCゲームの会社、イタチョコシステム!!

    家庭用ゲーム機でもFF7などのグラフィックのきれいなゲーム全盛期、なのにすごい手書きの味がありすぎる絵。でもものすごく面白いと評判だったあのイタチョコシステム!!

    すみません、XPでも動くんですか??野犬ロデムないんですか、、あー、じゃあこれください。

    あのファミコンゲーム、ボコスカウォーズの生みの親・ラショウさんの作品
    「あの素晴らしい弁当を2度3度」
    を入場後5分ぐらいで驚きの衝動買い。

    ↓ディスクの「素」の字を書き直しているのを見て吹く。ラショウさんマジックで書いたでしょ、これ!!



    手芸の部屋を出て奥のほうを見ると、白い光の前に人だかりが。

    あれ?透明標本は室内でなくてここでやってるの?
    デザフェスではじっくり見る時間がなかったので、新作の大物や珍しいものなど堪能してきました。

    カレイとかエイとか、カメレオンとかスッポンとか。写真にないけれどアンコウのお腹に魚がいるものとかすごいことになっている。
     

     

    生物部屋も入ると面白いことになっていて、LEDで浮き草を制御したり、バクテリアで絵を描くバイオアートの世界が広がってました。出展者はb-labの皆さん。

    横のブースには走る心臓。ナースの心拍数に合わせてジューサーが動いてトマトジュース作る新作で楽しい。


    隣の部屋は入口の人が多かったため、先に奥の暗室に入る。

    立体ゾーエトロープと、その横にあった水がポタポタ垂れる作品が楽しい。

    加藤良将さんの光のロクロがとても綺麗で、ちびっこが夢中になって遊んでいるのが微笑ましかった。



    隣の部屋はくるくる研究室やIAMAS Ganguプロジェクトなどフィジカルコンピューティングが主。

    +GAINERを読んでいない友人に、「これは走るとかき氷ができるんだよー」など説明する。
    新作のwiiハンドルで走る車が楽しい。乗りたかった!

    jaming gearのnewバージョン、楕円形のギアの奏でる音が面白くて気がつくと体育館でプレゼンを見る時間が迫っていたので、ちょっと急ぎ足で隣の部屋に行くことに。
    アクション!ゆびにんぎょうが丁度電源が入っていない時で、友人に体験してもらえなかったのがちょっと残念だったり、スタンポロンも動物でないものになっていたりと、色々後ろ髪を引かれる思いで退出。うぅ、、また後で。



    体育館に行くと、ちょうど透明標本の富田氏が発表を始めるところでした。ギリギリ。
    プレゼン資料が実物とNewton誌。ある意味斬新。

    その後体育館をぐるっと1周。

    木製テオ・ヤンセンがすごいかわいい。他の木製のピタゴラ的マシンも素敵。


    その向かいにはKIMURAさんの紙テオ・ヤンセン。DVDが面白くて、思わずセット購入。
    友人から、KIMURAさんとロビン西さんが、明和電機のファンクラブ会報に連載していることを教えてもらう。なんか納得。

    並びにはデイリーポータルZ!!
    友人に思わず「ハトでハトを書く林さんだよ!!」と力説。
    で、あの林さんと偽ストリートビューを体験させていただきました。光栄です。

    ↓がっかりくす玉でがっかりした瞬間。


    乙幡さんの解体マグロぬいぐるみ。頭をかぶってみたいと思ったのはきっと私だけではないはず。



    アナログシンセ、ヨネミンの作者・米本さんに会ってテンションあがったり、他にもおバカアプリ選手権で見た、グーグルアースを自転車で飛ぶごうだまりぽさんの"Space Bike"がパワーアップしていたり、なんでも作っちゃう、かも。の スタバカップアンプがかわいかったり。


    しかし、これだけは見ないと!なテスラコイルが冷却中のため、16:30までちょっと待機。
    外に出ると雨が止んでいた。校庭も結構な人が集まっている。

    ・・・あれは、、Team自由時間!!やはり彼らか!!

    案の定、プロパンを使った装置がすごいことになっていた。



    これだけのことをやって、ソーセージを焼いて食す。ちなみに生焼けだったとか。




    しばらくの後、お待ちかねのテスラコイルの再始動。




    大きいほうよりも伴奏をする小さいほうの働きがなんとも心にくい。触ってる!


    幕で仕切られたステージを降りると、いつの間にかイベントそのものの終わりの時間が迫っていたようで、体育館の中も少しずつ片付けが始まっていた。

    デザフェスで買い逃したナマズの類の透明標本が欲しかったので、残っているか心配しながら見にいく。
    買い物ついでに色々話しをしたり、最後は軽く片付けを手伝って解散して終了の時間を迎えた。


    いやー、内容濃くて面白かった。


    でも会場出てから資料を見たら、本館3Fに行ってなかったことや、GANGUプロジェクトも後で見ようと思って見ないで終わってしまったものがあったようで、気になっていたイベントを含めるとたぶん25%ぐらい見落としていたと思われます。。orz


    うーん、、また近いうちに何かのイベントで見る機会もあるだろうし、次回の楽しみが増えたということで。


    皆様お疲れ様でした!!

    スポンサーサイト

    • 2016.08.14 Sunday
    • 23:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      ひよこ選別

      緑さん

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM