スポンサーサイト

  • 2016.08.14 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ロボと日本文化の新しいコラボレーション

    • 2009.07.23 Thursday
    • 23:59

    本日は友人の紹介で知り合った、映像制作をやっているT氏と初顔合わせ。

    えーと、今年の秋ぐらいから、ショートフィルムを少々やります。
    自主映画ほど長期の撮影ではなく、短いスパンで何度か。

    一応、担当はヘアメイク、ということで、、アゲ嬢盛り、要練習??

    という話もしつつ、作品に関係ないマニアックトークが色々炸裂しました。


    で、このT氏の作品ではないですが、T氏から紹介されたこの映画がやばい。




    「ロボゲイシャ」




    昔テレビで見た、香港映画「ザ・SFX時代劇 妖刀斬首剣 生死决 」を遙かに上回る怪しさ。
    「妖刀〜」もワイヤーアクションでサムライが空中戦を繰り広げていて、「違う!!サムライは違う!!」と思ったけれど、

    どうした角川映画!!



    日本映画もすごいことになっているけれど、現実は小説より奇なり。

    インドでは世界最強のトウガラシが兵器になったそうです。


    辛さの値、スコヴィル値なんて初めて聞きました。
    ピーマンを0という基準値にすると、ハラペーニョが8000、ハバネロが10万。
    しかし、最強のトウガラシ、ジョロキアは100万以上の戦闘力だそうです。

    ドラゴンボールにおける「昔はヤムチャも強かったのにね、、」みたいなインフレっぷり。
    100万という数値が出た瞬間、「チッ、壊れてやがる」と測定者は計測器に毒づいたに違いない。



    でもそんなことより、毛を刈られたアルパカの姿が衝撃的すぎました。


    (泣)


    こういうときは口直しに、罠にかかってつるされた子グマを見て癒されましょう。



    【どうでもいい話をします】
    今日、某駅にて「META LINE」という謎の鉄道の映像を見た。
    META?何がどう超越した鉄道なの??
    ひょっとして日暮里・舎人ライナーのこと??

    よーく見たら「MITA LINE」だった。
    都営三田線にこんなにもがっかりさせられることは人生後にも先にももうないだろう。。

    スポンサーサイト

    • 2016.08.14 Sunday
    • 23:59
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      > ロボゲイシャ
      片腕マシンガールの人ですね!!

      片腕〜の元ネタの台湾映画、「片腕カンフーと空とぶギロチン」が舞いフェイバリット映画の一つです(キルビルの元ネタでもある)
      • yojik
      • 2009/07/26 2:00 PM
      yojikさん>
      私は初めて知りましたが、有名なんですか??(^^;
      Tさんと案外気が合うかもしれないですね。
      「片腕カンフーと空とぶギロチン」をwikipediaで調べたら、腕が伸びるヨガ使いとか出てるんですね。ダルシム。
      • モロハシ@fabrica50
      • 2009/07/27 1:22 AM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      ひよこ選別

      緑さん

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM