スポンサーサイト

  • 2016.08.14 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    「アンサンブルズ2010-共振」

    • 2011.01.27 Thursday
    • 00:35
    1/9。茨城県の水戸芸術館に大友良英さんの「アンサンブルズ2010-共振」を見に行った。



    無数のターンテーブルと、楽器が展示された白い部屋。


    足を止めて、ふと目を閉じる。

    どこからか太鼓の音が微かに鳴る。

    しばしの静寂。

    違う場所から響く音。

    そして無音。

    また新しい音を探す。



    吹き抜けのホールには床に置かれた解体されたピアノ。

    光の差す天窓から、ピアノに向かって一直線に伸びた弦が時折ブゥゥゥンとうなりをあげる。



    暗い部屋には再びターンテーブルと、天井から吊り下げられたCDプレーヤーと大量のイヤフォン。



    いわゆるメロディではない、しかしその場で体験しなければ感じ得ないそれは紛れもなく「音楽」だった。


    空間の中で耳を澄まし、ゆっくりと時間が経過していく中ではじめて感じられるもの。

    一方的に入ってくるものではなく、聴き手が「共振」して生まれる「音楽」。

    それはとても深く静かで素敵だった。



    一番最後の展示室。大量のテープで覆われた部屋のあの何とも言えない匂いと音、空気感。
    あれはもう体験できないのだと思うととても残念でならない。



    夜、ライブを見て帰る。ライブの話は次回に続く。

    スポンサーサイト

    • 2016.08.14 Sunday
    • 00:35
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      ひよこ選別

      緑さん

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM