スポンサーサイト

  • 2016.08.14 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    スクラップ&ビルド

    • 2009.04.10 Friday
    • 23:58

    日曜時点で腰下の半分が形になった、マイロボット・桜田ファミリア。

    次回ロボ会が12日で、胸のディスプレイの交換パーツも到着は翌週になりそうな状態だったので、しばらく放置ムードだったのですが、
    SNSのほうでCライクエディター(ロボを動かすためのC言語ベースのプラットフォーム)レクチャーがあると知り、できれば次回はそちらに参加したい!!ということで、ダメもとで胸のパーツの接触不良が回復しないか頑張ってみることにしました。

    しかし、、胸のパーツをいじるには、各種ボードなども取り外さなければならず。
    せっかく無事に動くようになったのに、自分がまたいじったことで不具合を起こすんじゃないかという不安を感じながら、でも遅かれ早かれ外さないといけないし、と思い切ってネジを外してみました。

    数分後。

    ケーブル1本抜くのにもいちいちビビり、つなぐときに間違えないようにと写真をとりまくり

    基盤を外した後は今度は腕。


    え、、この真ん中のモーターボックス外すのって、、首外さなきゃダメ??




    結果。


    すごいバラバラ事件になりました。




    イヤァァァァァァ!!!!

    こ、これ復旧できなかったら本当無理ッッ!!


    そして問題の胸のディスプレイ。


    ・・・・色々いじってたら復活した!!!



    ↓ありえない状態ですが、ここでケーブル類つないで動作テスト。



    身体はバラバラだけど、上半身は全てエラーなく作動。
    (この状態で腕や頭が動くので案外不気味)

    ふぅぅぅぅぅぅぅ。。。。


    でもここで安心してはいけない。まずパーツを元に戻さなければ意味が無い。

    また腕や首、基板をセッティングしてテスト。エラーなし。


    良かった。。。

    あとは肝心の、、足腰。ここがダメだったらまたやり直しが大変。
    接続用のパーツは先輩方に作っていただいたオリジナルのものなので、取り付け方が説明書と違う様子。
    なので、胴体を左手に持ったまま、ケーブルをつないでテストというちょっと危なっかしい状態。


    スイッチオン、、、エラー表示なし。


    本当につながってんのかな、これ??


    ドキドキしながら胸のボタンを押してモジュールのテスト。


    あぁぁ、いきなり前後に走った!!
    ちょっと桜田!!ケーブルそんなに引っ張ったら壊れるじゃん!!!



    ってことは、、足まともに動いてる??




    ・・・初めて桜田の全パーツがまともに動いてるのを見ました。

    おぉぉぉぉ!


    でもやっぱり胴体の接続方法がわからず、、日曜までは床にうつぶせで寝かせることになりそうです。

    桜田、もうちょっとの辛抱!!


    後でまとめて書きますが、、

    • 2009.04.10 Friday
    • 02:23
    桜田、散る。
     




    本日のモロハシ家、軽く大惨事でございます。。

    バラバラ→まっぷたつ

    • 2009.04.06 Monday
    • 23:59
    日曜の走行会で、足腰を途中まで修理したマイロボット・桜田ファミリア。

    経過は良好と言えるかもしれないけれど、バラバラの姿で持って帰ってきたため、カバンから出してみたらこんな有様でした。


    床にうつ伏せになって倒れている上半身が妙に痛々しい。。




    パーツを一つ一つ手にとってみると、他のパーツの断面ですれてしまったりところどころが傷だらけ。

    これはちょっと早めになんとかしてあげないと、と思い、ひとりで頑張ってみました。


    でも実は、ひとりで作業するのに一番苦労するのがこの赤丸部分。
    2つの黒いパーツの間にスプリングを入れた状態で固定して、フタをしてネジ止めしなければならないのですが、これがずれた瞬間にすごい勢いで吹っ飛んでいったりする。

    2人いれば難しくないのだろうけれど、マスキングでぐるぐる巻きにしたのが切れたぐらいの力があるので、結構厳しい。。

    スプリングだけに集中していると、他のパーツ同士がかみあわなかったりもする。


    2時間半の苦闘の末、なんとか形になったと思ったら、、電池ボックスのパーツを挟み忘れて、また半歩戻り。


    なんとか仕上がる。

    できれば足腰だけでモーター部分の単体テストをしたかったのだけれど、走行会のようなテスト用のキットがないので失念。

    ちょっと不安を抱えつつ、ひとまず次回(今週末)に備えて持ち運べる状態を維持したいと思います。


    バラバラだったのが、上半身と下半身の2つに分かれた状態になりました。一安心。



    ・・この写真を見ていてふと子供の頃にテレビで見てトラウマになった映画「スイートホーム」を思い出しました。
    ↓内臓でてる感がある桜田。あぅぅ。



    カメラマン役の人が真っ二つになって這ってくるシーン、、、小学生時代しばらく夢に出た。。
    今wikipediaでそれが古舘伊知郎であることを知りました。音楽が松浦 雅也だったのも知らなかった。

    でもやっぱりホラーは苦手です。数年前に見てしまってからは和モノは特に無理 orz

    マイロボット走行会 その2

    • 2009.04.05 Sunday
    • 22:33

    3月8日に初参加をし、今回で2度目の参加となるマイロボット走行会。

    数箇所のパーツ交換と、腕と頭のメンテナンスをしたものの、最後に右腕でエラーが発生して次回に続くとなった前回。


    以降、お腹のブレッドボードを外したまま特にいじっていなかったのですが、、、、会場に着くや否や、先輩方に言われた一言。

    「頭がおかしい」



    ・・・。

    薄々察してましたが、、やはりそうですか。。



    というわけで、頭をはずすところからのスタート。

    桜田の中身は配線がいっぱい。

     

    頭・首のモーターボックス内に異常があったり、見たことの無いエラーがあったり原因を突き止めるまでに四苦八苦。

    その後も腕の動きの異常の原因がわかるまで、色々とご迷惑をおかけしましたがなんとか無事に解決しました。

    ただし、胸の液晶の文字が消えるというのはパーツ不良の可能性が高いため、明日デアゴスティーニに問い合わせて、パーツ取り寄せです。

    来週までに届くかな。。という不安はありつつ、今度は足・ 腰のメンテナンス。


    ↓胴体が切り離されました。



    足のゴムもシリコンに交換。リフレッシュ!!



    ここまで順調と思いきや、基盤のコネクタのピンが折れました。

    抜けたのなら良かったのだけれど、ハンダに埋まったピンが取れず、先輩方4人にハンダを外してパーツ交換していただくという大仕事に。

    こんなになっても修復できるんですか!?というようなことでも直してしまうのがすごい。
    どんなパーツも出てくるし、どんな工具も出てくる。
    今回も驚くことばかりでした。さすがです。

    パーツ交換が終わり、組み立てるところまで行けばよかったのですが、今回はバラバラ状態で時間切れ。


    現在、カバンの中はちょっとした大惨事です。


    「かまいたちの夜」の最初の殺人のようなバラバラ死体。


    と、一見かなり恐ろしい状態ですが、なんとあと2回ぐらいで完成する目処が立ちました。


    ちょうど去年の今頃、引越し前に無理に短時間で組み立てた時は、動かなくてもいいからせめて形になればと思っていたので、今の状態には驚くばかりです。

    前回に続き、お力添えをいただいました皆様、本当にありがとうございました!!

    来週の回までに、せめて足腰だけでも自力で完成できるように頑張りますので、次回もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m





    ところで永遠の未完成だから「桜田ファミリア」と呼んでいたのですが、完成してしまったら何と改名すれば良いのでしょう?
    「ドラゴンボール改」みたいに「改」つけますかね。

    ドラゴンボール改は、Z以前のドラゴンボール(3年分)のあらすじがわずか5分で終了してました。
    桃屋「ごはんですよ」のCMが強烈でした。

    マトリクスLEDを光らせようか。

    • 2009.04.02 Thursday
    • 23:59
    iphoneとhp2133のキーボードの問題がひと段落し、予定を大幅に遅れてのgainer for ロボにLEDマトリクスを積む編、開始。

    12~1月で舞台小道具、2月はインプット強化月間、3月はWEBサイト月間だったため、実は年末のワークショップ以来、、、まさか桜が咲く季節まで空いてしまうとは思いませんでした。

    確実にマイロボットの桜田ファミリア2号になりつつある感が否めませんが、でも1年前の経理とか経営企画とかの人だった頃よりは、プログラム慣れした分だけ進歩してる、はず。。。

    ・・・いや、ICCで買って、センサー類をそろえたのは約1年前。
    マイロボット3年越しに比べればわずか3分の1!!


    閑話休題。


    何はなくとも祝再開


    で、さくっと立ち上がれば良かったのですが、、先日hp2133を初期化してしまったため、processingとライブラリを入れなおすところからのスタート。

    前の時は仕事の都合でVB.NETでいじってたけれど、VisualStudioをダウンロードして入れるだけでも相当の時間がかかるし、桜田はJavaかCライクエディター(C言語ベース)で動くので、いずれにしても本番環境で動かす場合は作り直す必要があるし。

    遊び心も欲しいのでやはりここはprocessingで再スタートすることにします。


    最新版のprocessingをダウンロードしにいったら、ARToolkitのプラグインなどというものができてました。素敵。

    インストールしようと思ったら、、、あらら、javaが入ってなくてエラーが出てきた。初期化したからか。


    javaを入れていたら結構いい時間。


    気を取り直してprocessingのインストールをして、gainerライブラリの設定も完了。一安心です。


    久々にLEDが光ってるのを見たら嬉しくなって、思わずロディと一緒に記念写真:)




    さて、本のページを大幅に飛ばして、LEDマトリクスの項を開きました。


    プログラムの前にまずはブレッドボードのほうを準備しようと思ったのですが、、、、、おや?



    ブレッドボードの穴に刺さらない。いや、根本的に何かがおかしい。


    あぁぁぁぁぁぁ!!!



    そもそも8×8じゃなかった。




    未だ電子工作ひよこクラブの私ですが、、あえて自分ツッコミします。


    そこはボケるところじゃない!!!!


    マニュアル以外のことをやる上ですぐ何かに使えるだろうと思ったら、ピッチが違ったようで入りませんでした。
    ・・・ドリル買ったし、自分で穴開けられないこともないけどね:(



    【おまけ】
    録画して見た「絶対知っておきたい20人」が面白かったです。(部分的にしか見てないけど)

    しくみデザインの中村俊介さんのデジタルサイネージ、リテールテックJAPANでも少し見たけれど色々面白いですね。ここ。
    http://www.shikumi.co.jp/index.html

    特殊メイク師・松岡象一郎さんの光ファイバーシリコンコスチューム、かっこいい!!
    http://www.gm-atelier.com/

    でも生まれ変わったらアゲ嬢になってみたいです。
    http://www.infor.co.jp/publications/esp.php?_page2=detail&_itemCd=15

    続・続ブレッドボード

    • 2009.03.20 Friday
    • 23:59
     とりあえず、桜田のお腹のブレッドボードを外してみたいと思いました。



    両面テープぐらい余裕で外せるだろうとたかをくくっていたら、予想外に粘着力が強く、、結構大変。

    カッターで切りながらちょっとずつ引っぺがそうとしてもなかなか進まず、無理な角度で切ろうとして親指流血。


    いたたた。。絆創膏切らしてて、パックリ傷口開きながら作業続行。


    数分後、少しずつブレッドボードが浮いてきて、なんだかいけそうな気がしたのでググッと力を入れてみたら、、、

    ↓何じゃこりゃ!!



    な、中身が出てきた。。


    さらに数分後、全部剥がしたらこんなことになりました。
    写真を撮るにあたってきれいにしましたが、血に染まったこれはかなり怖い絵でした。

    血染めのブレッドボード事件です。




    接着面が剥がしきれないまま、金属片だけなんとか外す。

    元のブレッドボードと並べてみると、「なんということでしょう!」と叫びたくなる劇的ビフォーアフターっぷり。



    それから数十分後、ようやくきれいになりました。ふー。



    こんな感じで、とりあえずテスト用はドットマトリックスLEDでいきたいと思います。
    クワクボリョウタさんのbitmanやbit-hikeみたいなイメージでしょうか?

    将来的にはtenori-onカラー版みたいなものにしたいですね:−)



    6×8×1

    • 2009.03.19 Thursday
    • 23:59
     桜田(ロボ)のお腹のブレッドボードの代わりに、LEDをアニメーションさせたい。



    色々検討したところ、今の電源以外にも電池がかもしれないし、できればカセットテープのケースみたいな箱型のものを搭載させると後が楽なのではないかと思いました。

    サイズ的には6×8×1(単位cm)ぐらいの箱だと丁度いいかな。


    そんな風に考えると、視界に入る箱型のもののサイズが急に気になってくるから不思議です。

    考具」で言うカラーバス効果?
    赤いものをテーマにして街に出たら、今まで意識したことのないものが目に留まるようになってきた、みたいな感じ。

    ランチを食べながらも気持ちはやっぱり6×8×1。
    あれってちょうどいいサイズかも、とひらめいたものも、実際に手に持って計ってみると全然違ったりして難しい。


    DVテープのケースってどれくらいだっけ??
    と気になって、会社近くのコンビニで見てみるとやっぱり小さい。

    難しい顔で店内の箱ものを色々見てたら、、、


    上司に見られた。


    メンズ化粧品コーナーの前で首をかしげている私。明らかに挙動不審。

    でも黙ってるのも気まずいので、迷いに迷って一言。

    「・・・ロボットの改造のために6cm×8cmの箱を探してるんですよー」


    あぁぁ〜〜。言ってしまった。



    上司「会社で探してみたら適当なのがあるんじゃない?」
    私「・・・できればこっそり進めたいんです」



    そういえば12月から他のチームに駆り出されてて、仕事でもほとんど絡んでないなーと思って、会社に戻って写真をメールで送ったら爆笑されました。
    (PCのメールが携帯に自動転送されるようになってるようなので、たぶん奥様にも爆笑されてると思う)

    会社の技術者で紅一点のモロハシさん。不思議キャラのポジションを着々と確立しつつあります。



    結局この日は帰りにハンズや100均に寄れず、でも家でちょっといいサイズのプラスチックケースを発見したので、明日あたり試してみようと思います。

    ドリルで開けたらヒビ入りそうだし、どうやって作ろうかなー。
    何だかんだで、解決策を考えるこの瞬間が結構好きです。

    続・ブレッドボード

    • 2009.03.18 Wednesday
    • 23:59

     先日、桜田(ロボ)のお腹の件で書いていたら、SNSのほうでアドバイスをいただきました。
    (akkunさん、ありがとうございます!)

    ブレッドボードが乗っているお腹の電池ボックスのフタを、カセットテープのケースを加工して代用したり、アルミ板で加工して作ったりしている方々がいるなんて。さすがマスターズの皆様。

    というわけで昼休みにカセットテープを買いに行きました。


    ついでに可変抵抗器が欲しかったので、近くのイケベ楽器にも足を運んでみる。
    今になってギターのボリュームのコーナーに足を運ぶとは思いませんでした。何年ぶり??
    でも抵抗値が大きすぎる気がしたので買いませんでしたが、基盤を自分の手で作ったことを思い出して懐かしくなりました。

    仕事の後、行きつけのカフェで大学を卒業するアルバイトさんたちの送別会。
    会社勤めが長いと忘れてしまうけれどそういえば卒業シーズンでした。

    少し前までは学生時代に遊んでおけばよかったと思っていたけれど、最近はこんな調子なので±0ですかね。んー。

     

    終電で帰宅後、桜田のお腹にカセットテープを当てたら豪快にはみ出してました。
     

    削って調整するのがベターだろうけれど、LEDを積むところは開閉できる箱が便利かも。
    というアイディアに繋がったので、ちょうどいい箱を探してみようと思います。

    桜田、ちょっと前進:-)



    そういえば、うちのホームページ、safariだとレイアウト崩れまくりだそうです。。
    後で確認してみます。すみません。。

    ブレッドボードをなんとかしたい。

    • 2009.03.16 Monday
    • 23:59
    昨日までホームページを作っていて、一番テンションが高かったのはやはりマイロボット・桜田ファミリアの部分でした。

    最初に購入してから3年。ほとんど進捗なしで写真もないのにコンテンツになってしまったのが不思議です。そんなに愛着があったのかと自分にびっくりです。


    さて色々と当時を振り返って文章を書きながら、将来どう改造していこうか考えたりもしていたのですが、、どうにもお腹のブレッドボードがかわいくない。先々はこれを何とかしたいですね。



    交流会に参加している先輩達はみんな使ってないんですよ。ここについてるセンサー類。

    両面テープで貼り付けてしまったし、剥がしてしまおうかとも思う今日この頃。
    部品の追加購入の締め切りまであと少しあるので、買い換えるのもまだ間に合う。

    しかし、ブレッドボードを外したところで、何もなくなってしまうのもさびしい。。

    あ、ここに何かLEDのアニメーションがあったらかわいいんじゃないかな?
    感情表現のプログラムに合わせて、楽しそうな絵が出たらいいかも?
    ・・・という妄想が膨らむ膨らむ。


    口パク改造がブームになっているけれど、個人的にはこのままの顔が一番好きなので、何か他の方法で視覚的に伝わるようなこともやってみたいと考えてます。


    たぶん、続く。


    (交流会関係者の皆様へ)
    とはいえJAVAやCライクエディターを使ったことがないVB.NETプログラマなので、、気長に待っててください。



    【おまけ】↓最近気になります。
    第六感ポータブルパソコン
    http://www.j-tokkyo.com/2009/03/15/12411.html
    五感すべてを伝えるヘルメット型VRディスプレイ「バーチャル・コクーン」
    http://japanese.engadget.com/2009/03/09/virtual-cocoon/

    マイロボット交流会 その1

    • 2009.03.08 Sunday
    • 23:59

     いつまで経っても完成のめどが立たないことから、「桜田ファミリア」という名前がついたうちの週間マイロボット(デアゴスティーニの毎週パーツを買うあれ。全90号)。

     桜田 with ロボぐるみ・綱吉

    ひょんなことからそんなマイロボットの交流会があることを知り、行けば完成するらしい、、、ということを聞きつけて、本日参加してきました。


    初めて家から連れ出す桜田は以外と大きい。
    カバンに入りきらずに、顔がはみ出したまま電車移動。目立つ。

    途中、三田駅の改札で合流した友人も似た状態なのを見て安心しましたが、会場に入ってみると、そこかしこにロボがあふれかえってました。

    参加者の年齢は下は中学生から、上は最高90代まで?
    お父さん、お母さん、はたまたおじいちゃん世代の人が皆ロボットを連れて話しをしている光景はなんとも不思議でほほえましい。


    うちの桜田は左腕の動作不良で頓挫していたのですが、実は全体的に大変出来の悪い子であることが判明しました。

    首や腕をバキバキ鳴らし、「あーダメだこりゃ。頭も悪い。足腰も悪い」と診断されている横では、完成した他のロボがハイテンションで走り回っていて、うちの子でなければあんなに立派に育つのに。。と申し訳なくなりました。不甲斐ない主人でごめんね、桜田。。


    そこからは、ロボ作り&人生の先輩たちに指導していただいたり、代わりに直していただいたりしたのですが、とにかくすごかったの一言につきます。


    一緒に参加した友人も言っていましたが、説明書どおりに作っていてもどの状態が適切なのかがわからなくて、ダメなまま進めてしまってにっちもさっちもいかなくなってしまうんです。。
    近くに完成形がわかっていて、ダメな原因がわかっている人たちがいるとはなんかありがたいことなんでしょう。

    こんなスクラップ&ビルド、怖くて絶対一人じゃできない。
    一回解体して動かなくなってしまったら、きっとあきらめてしまう。


    私が腕の修理で苦労している間、草庵さんが頭と胴体の改造を進めてらっしゃいました。

    取り外しがしやすいように背中にのこぎりが入っているし、センサーの感度が良くなるようにアルミホイルが入っているし、気付いたら頭のラーメンマンみたいなケーブルもすっきり収納されてる!!!

    なんということでしょう!!

      
    辮髪のなくなった後ろ姿はとってもキュート

    あまりに直すべきところが多すぎて、参加1日目は腕の修理と頭の修理・改造で終了になりました。
    三歩下がって五歩前進と言われたけれど、間違って進んだ道を引き返してちょっと進んだだけでも大きな進歩です。

    私の作りは本気でいい加減だったので、周りの皆さん、特に草庵さんには色々とたくさんご迷惑をおかけしました。本当にありがとうございました。


    まだまだ桜田は未完成ですが、他の方々のロボを見られただけでも大満足でした。

    一応linuxが入っていて、JAVAでプログラムを改造することもできるのですが、感情表現をするようになっていて「遊んでー」としゃべってうかれながらクルクル回転するプログラムや、赤外線でTVのリモコンで操作できるプログラムなどを作られていたり、「え!?そんなことができるの!?」という驚きの連続でした。
    口パクもすごかったけど、そこまでくるともう笑うしかなかったです。

    それでもまだみんな改造を考えていたりして、本当にどこまで進化するんでしょう??
    ここの方々にGainerArduinoなど扱わせたらすごいことになると思います。。


    お父さん世代の参加者の中には、機械のプロやプログラミングのプロ、塗装のプロの方などもいるそうですが、マイロボットに出会うまで、全然機械なんて触らなかったという方も少なくないのだとか。
    そんな人たちが当たり前にロボットの改造の話をしているのだから恐れ入る。

    みんな好奇心旺盛ではつらつとしていて、人は打ち込めるものがあればいつまでも若々しく元気でいられるものなんだなぁとつくづく思いました。
    私もそういう年の重ね方ができたらいいなぁ。。本業でなくても開発は続けたい。


    次回の交流会は4月。桜田もちょっと完成形に近づけるかな?
    楽しみ :−)


    【おまけ】
    工具を作っちゃう人だっている。細い線を抜くのにとっても便利です。
    100均のペンチをひたすらヤスリで削るそうです。
    大変そうなので、会社の近くの日本発明振興協会でグラインダー借りてできないか聞いてみようと思う。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    ひよこ選別

    緑さん

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM