スポンサーサイト

  • 2016.08.14 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    APTM開催中。らしい

    • 2009.09.01 Tuesday
    • 23:59

    ドークボット大東京だけmakeブログか何かで見て気になっていたのですが、他のイベントと合わせてAPMTというアパートメント・ウィークとしてやってたんですね。

    しかも先週末から。28日に開催されたBodyHackの怪しい写真がなんだかとっても気になるのです。うう。


    え!?9/5は寺子屋クスール!?
    うっかり見落とすところでした。危ない。
    団地トークショーとd.v.dのライブと、make tokyo meeting vol.3にも出展していたくるくる研究室+お化け屋敷プロデューサー五味弘文のインタラクティブお化け屋敷!!

    ・・・お化け屋敷というか和モノおばけ苦手なんですけど、、ラクーアの『The 13 Doors』 (洋モノ)でもすんごい怖かったんですけど。
    『The 13 Doors』 は、なんか皮を剥がれた血の滴る肉っぽい塊がビニールに巻かれて吊るされてたビジュアルが、今も強烈に頭に残ってます。。
    甘く見てたよ、お化け屋敷 orz

    あ、でもd.v.dのライブは楽しいです。きっと。
    前から本で知っていて、一度は見たいと思っていたのですが、先日グッドデザインエキスポ2009でライブを見たという友人にもおすすめされました。
    (友人、妙に詳しいと思ったらイトケン氏の中学・高校の後輩らしい。。)


    団地トークショーの大山さんは、デイリーポータルZに連載をしている人で、写真集「工場萌え」などの著者でもあります。

    なのでお化けが苦手な人もきっと行けば楽しいと思います。

     

    会場は寺カフェで有名な神谷町の光明寺です。

    大丈夫、お寺だから何も変なものはついてこないから!!
    (←必死で自分に言い聞かせている)

     

    ドークボット大東京も個人的にはグッッッッと来る予感がします。
    スケジュールに余裕がある人は要チェック!!!!




    お化け屋敷といえば、かのマリリン・マンソンが富士急ハイランドのライブイベントに出演した際、日本一怖いお化け屋敷と言われていた「戦慄の閉鎖病棟」にあの格好で入って行ったという話が忘れられない。

     ← どう見てもアンタが化け物です。

    今活動してるのかと思ったら、5月にアルバム出してましたか。
    御年40才、元気そうでなによりです。

    作り人の会 vol.2

    • 2009.08.29 Saturday
    • 23:58

    アクセサリーを作る人、絵を描く人、音楽を作る人など、色んなジャンルのものづくり仲間を集めてのお茶会。
    デザインフェスタの交流会のようなイメージでしょうか?今回も多種多様なメンバーが集まりました。

    簡単な自己紹介の後に、それぞれ作品紹介と質問といった流れの2時間半。非常に濃い時間でした。


    参加メンバーは全部で9人。(銀の雫のゆりさんが欠席)

    透明標本作家の富田さん。
    Newton掲載に始まり、朝日新聞、スッキリ!!で取り上げられるなど最近大変なことになってます。
    初めて見る人も多かったので、作品がどういう仕組みでできるのかなど質問がたくさんでてきました。
    10月下旬には小学館から写真集も出ます。渋谷ハンズで現物を販売しておりますが、こちらもよろしく。


    イラストレーターの河合さん
    海の生物を主に描いています。今出ている図鑑のクジラの挿絵はほとんどこの方が描いているという、、プロです。
    持ってきていただいたイラストは写真と見まがうようなものもちらほら。美麗でした。

    また9/12(土)に川崎で、ネイチャーマーケットというイベントを開催するとのことです。
    今回は初回ということもあって、出展料は長机1つで1000円という破格の料金。
    自然や動物をモチーフにした作品を作っている方、または知り合いにいるという方はこちらのサイトをチェック!!


    同じくイラストを描いているアイリさん。
    私の友人イブさんのお友達で、今回初めましての女の子。
    マーカーを使った線画で抽象画のような不思議な絵を描きます。
    これは何に見えるか?とみんなで首をかしげながら見ている様子はちょっと面白い。
    手法としては始めたばかりらしいので、今後どう進化していくかが楽しみです。


    リトルキャンバスの名前で活動している恩田さん。
    前回から引き続いての参加で、異国の子供たちの描いた絵を販売しています。
    実際にケニアやウガンダ、インドネシアに行って、絵を描いてもらい、
    日本円で100円分(ご飯3食分ぐらいに相当)のお金でその絵を買い取っているそうです。
    (買い取った絵はポストカードにして100円で販売しています)
    彼は毎週土曜の井の頭公園のフリマに参加しています。お近くの人は散歩がてら寄ってみてください。

    自主映画を制作している米光さん。
    私が以前 現場で知り合った人で、今回は2年ぶりの再会。
    作品をコンペに出展したり、また写真を撮ったりもしています。今は脚本執筆中とのこと。
    この日は音楽作っている俊介くんを紹介したかったのですが、時間内に現れず、、残念。
    音楽を作っていて映画に興味がある人、大募集!!連絡ください。


    ガラス職人志望のカンさん。
    学校に通い始めて3か月目とのことですが、製作を始めて間もないころから最近の作品を持ってきていただきました。
    プロになるまでには10年かかるらしいのですが、3か月でも成長の過程が作品に見られて面白い。
    模様の入ったガラスの作り方などお話をきかせてもらいました。まったく未知の分野なので新鮮♪


    何屋か説明しづらいモロハシさん。私です。
    ここしばらく作品の類をあまり作っていないので自己紹介のみ。プログラマー歴1年です。
    エレキギター製作学校に通った後、事務職やってて違うなぁと思ってメイク学校に行ったけどそのまま会社勤めを続けていて、
    でもやっぱり何か作りたいからと舞台小道具と自主映画の特殊メイクをやったけど、
    一番やりたいのは機械とか工学の分野だといって転職して、なぜか1年前からプログラマーやってます。
    以上、、、何か??あ、生きかたに一貫性がない??


    そんな私を遙かに超えるイブさん。
    高専でロボット作っていて、今は文系大学生だけれど、夏期休暇中だけ会社員。
    しばらくしたら休学して海外に勉強にいくというとてもパワフルな子。
    私が太鼓判を押すほどすごい人生を送っている彼女の発言の数々にみんな唖然。

    まさに「その人の生き方そのものが作品」と最後にうまくまとまりました。


    時間がなくなってしまって最後に今回の主宰のWAVETALE夏実さん。
    (クジラ・波の指輪やシーグラスのペンダントを作る人)
    店内(avocafe)に作品が展示されているので、片付けがてら皆で鑑賞してお開きとなりました。

     

    写真を撮るのをすっかり忘れてました。予想よりも盛り上がっていて話すのに夢中でした。。文章ばかりですみません。

     

    しかし今回の参加者は9人でしたが、都合があって来られなかった人、人数の都合で呼べなかった人、
    これまでの参加者に紹介したい人など、次回呼びたい人は20人を突破しそうな感じになってきました。

    じっくり話すなら8〜10人が限度と思うので今後の運営など若干悩ましいところです。うーん。


    なにはともあれ、普段なかなかつながることのない個性的な人が集まってとても楽しい会でした。
    次回は冬!!?

     

    会の後に希望者のみで夏実さんによるシーグラスのワークショップを行いました。
    手元に2つに割れてしまったシーグラスがあったので、ピアス用にしました。きらきらです。

    製鉄所に行こう

    • 2009.08.20 Thursday
    • 23:59

     この夏、2度目の社会科見学。

    数ある工場見学の中でも、とりわけ夢とロマンでいっぱいいっぱいな、漢気あふれる萌えワールド、

    その名は製鉄所!!


    妙なテンションですみません。

    千葉県蘇我にある、JFEスチール株式会社  東日本製鉄所に行ってきました。

    ちょっと遠くにきた感じがする、成東行きの電車に乗って蘇我駅へ。


    蘇我駅西口から出ると、突如町並みの中に見える巨大な何か。

    ラ・マシンの比じゃないね。東京ドーム164こ分の敷地は尋常ではない巨大スケールです。

     

    徒歩10分ぐらいのところにある見学センターにたどり着くと、会場は小学校の親子連れで大賑わい。
    ときどき見かける定年後のお父さん一人の姿が、アラサー女子二人組には妙に心強く映りました。

    夏休みの見学会は子供がターゲットなので、映像も懐かしの教育テレビのようなノリ。
    原料処理から、溶鉱炉で鉄を取りだす製銑処理、酸素を吹き込んで鋼にしていく工程が次々に映し出されていきます。
    どろどろとしたオレンジ色の鋼を見ていると異様にワクワクしてきます。

    その後、鋳型で板状に冷やし固めた鋼が羊羹のように切断されていく連続鋳造や、切断された羊羹(スラブという)を伸ばして薄い板にし、
    錆びないように表面加工するまでの一連の流れが大変わかりやすく、楽しく見られました。


    ひととおりの説明が終わると、今度はバスに乗って移動。

    バスから見える各施設に一同大興奮。「すごい」「かっこいい」以外、本当に言葉がでなかった。
    砂塵の中にどっしりそびえる溶鉱炉が特に素敵でした。溶鉱炉の奥のほうには1600度の赤い鉄が流れているのが見えてテンション最高潮。

     

    溶鉱炉を外から見た後は、溶けた鋼を冷やして板にする連続鋳造の工場に向かいます。
    (日によって稼働状況が違うため、内容が変わることもあるらしい)

    連続鋳造工場は実際に入って歩いて回ることができます。
    敷地内は撮影禁止のため写真はないですが、入った瞬間からもうやばい。素敵メカニカルワールド。

    階段を上ってすこし進むと赤い板状の塊が、ベルトコンベアのようなものに乗っていて、それをバーナーで焼き切るときの火花にうっとりしてみたり。
    でもうっとりしてるんだけど、全身からすごい汗が噴き出す。水で冷やしているといっても1000度ぐらいのものが目の前にあるわけで、とにかく暑い。

    羊羹状に切った板の上にはあまりの熱気で陽炎が見えるぐらいなのですが、その上の通路を通るときは本当に皮膚がチリチリするのを感じました。

    しかし、この鋼が引き伸ばされて、さらに製品に加工されて、それが自分たちの手元に届くんだなぁ。不思議だなぁ。


    言葉じゃ説明できないので、こちらを参照。
    その1
    その2(別の会社だけどわかりやすい)

    見学は全体で2時間ぐらいなのですが、非常に密度が濃く、素晴らしい見学会でした。
    見学会は無料なのですが、本当にいいんですか!?というぐらい、メカニカルなものが好きな人にとっては、お金払ってでも見る価値があると思います。
    貴重な体験をさせていただいたJFEの皆様、ありがとうございました:-)

    自分たちにとっては非日常の世界だけれど、ここで毎日大変な仕事をして、鋼鉄を世の中に生み出している人たちがいる。
    当たり前のことだけど、この人たちがいないと今の生活は成り立たないわけで、この人たちの役割って偉大だなとつくづく感じました。


    そんなわけで敷地の外から記念写真。



    次に行きたいのは勝鬨橋
    崎陽軒は11月末まで予約でいっぱいらしい。。



    ひそかに気になった駅のポスター。
    どすこい号ってまんまやん!!ごっつぁんです。

    大人の科学

    • 2009.06.26 Friday
    • 01:00

    6/30発売の次号は4ビットマイコンです!!

    実は針金録音機もまだ組み立ててないけど、、買っちゃうなぁこれ。たぶん。


    なつやすみのしゅくだいにします。


    あ、去年のワークショップのレポート、掲載されてた。

    "シュールすぎるプレゼンで笑いがアトリエに響く”

    遠い昔のような気がする、熱い暑い夏でした。

    プログラムと電子工作ができる人は行くと楽しいと思うワークショップ

    • 2009.06.23 Tuesday
    • 00:57
    あまりにそのまんまなタイトルですみません。
    開催日が近いのでとりいそぎ用件のみサクッと書きます。

    『the Way Sensing GO +』ワークショップ


    技術的にも時間的にも体力的にも無理なのですが、こっそり見学したいです。
    完成した作品は7/11からICCで展示されるそうですので、腕に自信のある方は是非。






    今、ろくでもない感じのものの製作を、マイペースに再開してます。
    牛歩の速度で、小学生の工作レベルのものをいじってます。

    COMING SOON??

    ↓なんじゃいこれ。

    ピンホールカメラを作ろう

    • 2009.06.22 Monday
    • 23:59

    作ったのは金曜だけど、、細かいことは気にしない。

    先日、表参道のMOMAショップで購入した、ピンホールカメラの手作りキットを組み立ててみました。
    子供のころに遊んだことのあるようないわゆる日光写真なのですが、特殊な紙を使わずに35mmフィルムが使えます。




    厚紙とプラスチックのパーツ。


    コツコツ地道に箱を組み立てていくとこんな感じ。


    フィルムを巻く部分や、光の入る箱ができると一気にカメラっぽくなる。


    完成形。おぉ!!カメラだ!!



    ちなみに巻き上げは手動で、何枚撮影したかは自分でメモする必要があります。
    36枚撮りで約27枚撮れるそうです。大ざっぱだ。なんだか。



    ここのサイトで買えますが、、なんだか私が買った時より安いような??と思ったらミュージアム用のセットだったらしいです。

    90〜120分ぐらいで作れるので、ちょっとしたプレゼントに良いと思います。
    くまさんバージョンもあります。



    ・・余談ですが、実はフィルムの入れ方がわからなかったので、土曜に上野に行った時に昔ながらのカメラ屋さんでフィルムを買って、使い方を教えてもらいました。。

    ワニとアルマジロの剥製が飾ってあるすごい店でした。



    下町にはこんな薬屋もあります。奥深し。

    Make: Tokyo Meeting 03に行ってきました(長文)

    • 2009.05.24 Sunday
    • 23:59

    うかれすぎて前日眠れませんでした。遠足前の小学生か。。

    今日はMake: Tokyo Meeting 03を見に、デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオに行ってきました。
    今インフルで話題沸騰中の多摩センターということもあり、出展予定だった知り合いの会社が急遽出展をキャンセルするなど、ハラハラする部分もあったのですが無事開催。よかった。

    どんな感じのイベントか一言で説明すると、「面白ものづくり大好きな大人の文化祭」でしょうか?
    なにやらクレイジーな工学の人やら、工学に関係のない面白手芸などジャンルを問わず幅広いものづくりの人が出展しているイベントで、今回が3回目の開催となります。


    入口前で手作り戦車が走行していた前回に比べると、今回はごくごく普通の学校っぽいなぁ、と思いいながら最初に本館2Fへ。

    ん?

    校庭に何か怪しいものが。



    降りしきる雨の中、うっすらと不穏な空気を感じさせるこれは、、プロパンガスと消火器?



    ・・・。


    気になりつつも、手前の教室に入るとそこは楽しい手芸ワールド。

    工学系男子が多い中、ここは女子率が高い。
    入ってすぐのところにはニットでできた大きな地球。

    うぉ!!目が開いた!!

    ハイパーニットクリエイター、力石咲さんのManGlobeという作品。
    一緒に行ったものづくり仲間Nさんが「誰でもピカソで見た!!」と大興奮。



    隣は手書きのイラストの書かれた面白いキーボード。
    ん?なんかこの犬っぽい、ヤギっぽい絵どこかで見たような。。。

    あぁぁぁ!!!イタチョコシステム!!!!

    私が高校時代にゲーム批評という雑誌で見て、ものすごく気になってたPCゲームの会社、イタチョコシステム!!

    家庭用ゲーム機でもFF7などのグラフィックのきれいなゲーム全盛期、なのにすごい手書きの味がありすぎる絵。でもものすごく面白いと評判だったあのイタチョコシステム!!

    すみません、XPでも動くんですか??野犬ロデムないんですか、、あー、じゃあこれください。

    あのファミコンゲーム、ボコスカウォーズの生みの親・ラショウさんの作品
    「あの素晴らしい弁当を2度3度」
    を入場後5分ぐらいで驚きの衝動買い。

    ↓ディスクの「素」の字を書き直しているのを見て吹く。ラショウさんマジックで書いたでしょ、これ!!



    手芸の部屋を出て奥のほうを見ると、白い光の前に人だかりが。

    あれ?透明標本は室内でなくてここでやってるの?
    デザフェスではじっくり見る時間がなかったので、新作の大物や珍しいものなど堪能してきました。

    カレイとかエイとか、カメレオンとかスッポンとか。写真にないけれどアンコウのお腹に魚がいるものとかすごいことになっている。
     

     

    生物部屋も入ると面白いことになっていて、LEDで浮き草を制御したり、バクテリアで絵を描くバイオアートの世界が広がってました。出展者はb-labの皆さん。

    横のブースには走る心臓。ナースの心拍数に合わせてジューサーが動いてトマトジュース作る新作で楽しい。


    隣の部屋は入口の人が多かったため、先に奥の暗室に入る。

    立体ゾーエトロープと、その横にあった水がポタポタ垂れる作品が楽しい。

    加藤良将さんの光のロクロがとても綺麗で、ちびっこが夢中になって遊んでいるのが微笑ましかった。



    隣の部屋はくるくる研究室やIAMAS Ganguプロジェクトなどフィジカルコンピューティングが主。

    +GAINERを読んでいない友人に、「これは走るとかき氷ができるんだよー」など説明する。
    新作のwiiハンドルで走る車が楽しい。乗りたかった!

    jaming gearのnewバージョン、楕円形のギアの奏でる音が面白くて気がつくと体育館でプレゼンを見る時間が迫っていたので、ちょっと急ぎ足で隣の部屋に行くことに。
    アクション!ゆびにんぎょうが丁度電源が入っていない時で、友人に体験してもらえなかったのがちょっと残念だったり、スタンポロンも動物でないものになっていたりと、色々後ろ髪を引かれる思いで退出。うぅ、、また後で。



    体育館に行くと、ちょうど透明標本の富田氏が発表を始めるところでした。ギリギリ。
    プレゼン資料が実物とNewton誌。ある意味斬新。

    その後体育館をぐるっと1周。

    木製テオ・ヤンセンがすごいかわいい。他の木製のピタゴラ的マシンも素敵。


    その向かいにはKIMURAさんの紙テオ・ヤンセン。DVDが面白くて、思わずセット購入。
    友人から、KIMURAさんとロビン西さんが、明和電機のファンクラブ会報に連載していることを教えてもらう。なんか納得。

    並びにはデイリーポータルZ!!
    友人に思わず「ハトでハトを書く林さんだよ!!」と力説。
    で、あの林さんと偽ストリートビューを体験させていただきました。光栄です。

    ↓がっかりくす玉でがっかりした瞬間。


    乙幡さんの解体マグロぬいぐるみ。頭をかぶってみたいと思ったのはきっと私だけではないはず。



    アナログシンセ、ヨネミンの作者・米本さんに会ってテンションあがったり、他にもおバカアプリ選手権で見た、グーグルアースを自転車で飛ぶごうだまりぽさんの"Space Bike"がパワーアップしていたり、なんでも作っちゃう、かも。の スタバカップアンプがかわいかったり。


    しかし、これだけは見ないと!なテスラコイルが冷却中のため、16:30までちょっと待機。
    外に出ると雨が止んでいた。校庭も結構な人が集まっている。

    ・・・あれは、、Team自由時間!!やはり彼らか!!

    案の定、プロパンを使った装置がすごいことになっていた。



    これだけのことをやって、ソーセージを焼いて食す。ちなみに生焼けだったとか。




    しばらくの後、お待ちかねのテスラコイルの再始動。




    大きいほうよりも伴奏をする小さいほうの働きがなんとも心にくい。触ってる!


    幕で仕切られたステージを降りると、いつの間にかイベントそのものの終わりの時間が迫っていたようで、体育館の中も少しずつ片付けが始まっていた。

    デザフェスで買い逃したナマズの類の透明標本が欲しかったので、残っているか心配しながら見にいく。
    買い物ついでに色々話しをしたり、最後は軽く片付けを手伝って解散して終了の時間を迎えた。


    いやー、内容濃くて面白かった。


    でも会場出てから資料を見たら、本館3Fに行ってなかったことや、GANGUプロジェクトも後で見ようと思って見ないで終わってしまったものがあったようで、気になっていたイベントを含めるとたぶん25%ぐらい見落としていたと思われます。。orz


    うーん、、また近いうちに何かのイベントで見る機会もあるだろうし、次回の楽しみが増えたということで。


    皆様お疲れ様でした!!

    工場ネタ備忘録。

    • 2009.05.18 Monday
    • 23:59

    平熱35.6度、普段は熱を出しても37度そこそこなはずですが、、現在そこはかとなくやばい感じです。

    昨日は人の出入りの激しいデザフェスにいたので、もらってきてもおかしくはないインフルエンザ。

    や、たぶん気のせい。

    病は気から!!


    GIZMODEで見た、レゴ工場の動画が素敵なので、記憶が薄れる前に。。

    おまけにこれもレゴ


    そういえば、昔ネットで知った、工場見学とか科学系のネタがたくさん取り上げられてる番組サイトなんだっけ。。

    と気になって検索するも番組名がわからず、知り合いの役者のTさんが昔1回出たという記憶を頼りに、Tさんの名前で検索。

    これだ、、サイエンス・チャンネル


    これでもう思い残すことはありません。。。



    犯人は、、ヤス。。


    (ガクッ)


    へんじがない。ただのしかばねのようだ。



    11日再放送!「BS熱中夜話 ハンドメイド(前)」

    • 2009.05.10 Sunday
    • 23:59

    できるかな最終回と時間帯がかぶっていたため、低画質での裏番組録画となってしまった「BS熱中夜話」。

    11日に再録画するので最初の5分だけ見ようかと思ったら、あまりの面白さに結局最後まで見てしまいました。

    なぜなら前編のテーマは「びっくり爆笑手作りメカ大集合」。
    ゲストは明和電機にウゴウゴルーガのルーガちゃん!!

    ・・この時点でもう最後まで見ることに決めました。


    make tokyo neeting02に出ていた手作り戦車(正確には戦車ではないらしい)や、デジタルアートフェスティバル東京2008で見たマウンテンギターや、音の鳴るテーブル「sound round」などの知っている作品もいくつかあったのですが、ビニールのぷちぷちをつぶすロボや、岐阜のエジソン・鈴木さんの手作りロボットという初めて見るものもちらほら。

    特に鈴木さんの作品にはびっくりするやら笑うやら。
    胴上げをするロボットに担がれるルーガちゃん、肩たたきロボット「リストラくん」にしばき倒される土佐社長。
    自らカンガルーロボ「おふくろさん」に乗って跳ぶ鈴木さんに腹筋がつるほど笑いました。(土佐社長も大爆笑)

    画像などがないので非常に伝えづらいのですが、これは再放送絶対に録画すべきです。

    このリンクを見て、画像があっても伝えづらいな、と思った。。(ぼそ)



    BS熱中夜話[再]「ハンドメード[前]」
    BShi 17:00〜17:44
    BS2 23:25〜24:09
    ※内容は同一です



    夜露死苦!!


    【おまけ】
    前に書いたような、書かなかったような。うろ覚えなので書いてしまう。
    何に触っても音が生まれる『Drawdio』(動画)

    Balloonimals

    • 2009.04.17 Friday
    • 00:56
    「Balloonimals」というiphoneアプリを買ってみました。

    かの有名なIDEO社の作ったアプリで、マイクに向かって息を吹きかけ、風船を膨らましてバルーンアートを作るというもの。

    かわいい:)

    http://www.ideotoylab.com/balloonimals.html


    IDEO Toy Labs Balloonimals from IDEO on Vimeo.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    ひよこ選別

    緑さん

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM